スターバックスに月4回以上行く人は必見。 39歳までしか作れない分、スペックが凄いカードが誕生

✎2021年12月01日

なぜ、今まで気づかなかったのだろうか…後悔している。
仕事でちょくちょくスタバを利用している筆者だが、最近ある事を知ってしまった。

実は日本には、スターバックスに特化したカードが誕生していたのだ。

それがこの『JCBカードW』である。 一見スタバとは何ら関係もなさそうな雰囲気だが、このカードはやばい…。

実はスターバックスクレカ史上最高の還元率を誇っている。
これだけでも十分凄いが、Amazonでは無料カードの中で最高値の還元率なのだ。

ただし先にお伝えしておくと、こちらは39歳までしか作れない年齢限定のカードである。
40歳以上の人は残念ながらもう作成できないので、ここでページをそっと閉じてほしい。

スタバでは、驚異の5.5%還元

スターバックスでの還元率は最大5.5%。 これは全てのクレカの中で最も高い還元率だ。

下の表の通りスタバで圧倒的1位であることは一目瞭然である。

■スターバックスで還元率の高いクレカ比較
◀左右にスクロール可能▶
JCBカードW dカード ANAカード au Payカード 三井住友カード(NL)
スターバックス 還元率 5.5% 4.0% 3.0% 2.5% 1.0%
年会費 無料 無料 初年度無料
2年目以降 2200円
無料 無料

仕事上様々なカードを調べている筆者からすれば、無料クレカで5.0%を超えるのはかなり稀だ。

しかも、ここまで還元率が高いと利用条件が厳しい場合がほとんど。 なのにこのカードには「0が付く日だけ」などの日程的な縛りはない。

年会費無料かつ無期限で5.5%ということになるが、これは本当に?と疑いたくなるぐらい条件がいい。驚くべきことだ。

5.5%⇒15.0%まで上げる方法

更に、あることをすればスタバの還元率をなんと最大15.0%まで上げることができる。

それは、JCBカードWとスタバのポイント制度を併用すること。スタバのポイント制度は「スターバックスリワード」というのだが、こちらの還元率は最大9.5%だ。

このスターバックスリワードに参加して、支払いをJCBカードWにすればポイントの二重取りが可能なのだ。

これ以上に還元率が良い方法は今のところ存在しないので、これが最強のスタバ活用法と言える。 スタバリワードの参加は無料なので、必ず登録しておくべきだ。

週1200円使う人は、年間8600円分お得になる

JCBカードWとスタバリワードで15.0%の場合、仮に週1200円使う人は年間で8600円分が還元されることになる。
1カ月あたりは710円分の還元。つまり月一のご褒美で期間限定ラテを楽しむ余裕もできる。

別の言い方をすると、1回の来店で600円使う人は約14回の来店分が無料になるようなもの。
支払いの違いでこれだけ得するのだから、使わない手はない。

15.0%の条件は、アプリにオンラインチャージしてから支払うこと

最大15.0%にする条件は、JCBカードWからスタバのアプリにオンラインチャージしてから支払うだけ。

オンラインチャージはカードをアプリに登録すれば約5秒でできるようになる。アプリ上のQRコードを読み取ってもらえれば支払い完了だ。

支払い方法としても楽になるうえ、これでJCBカードWとスタバリワードのポイントが二重取りできるので、まさに一石二鳥の方法である。

スタバリワードで9.5%にする方法

スタバリワードで最高値の9.5%にするには、1年以内に250個分(13500円)のスターを集め、Gold Star会員になる必要がある。

スターとはスタバのポイントのこと。「1年以内にスター250個」は、スタバを週300円ペースで利用する人なら達成できるので、そんなにハードルは高くない。

Gold Star会員になってしまえば150個分(8100円)のスターを集める毎に770円分の商品チケットをゲットできる。これで還元率は9.5%だ。

Amazonでは無料カードで最高の2.0%

更に、Amazonでのスペックも凄い。年会費無料カードの中で最高値の2.0%還元だ。

実はアマゾン本家カードであるAmazonマスターカード(旧:Amazonクラシックカード)でさえ通常の還元率は1.5%である。
プライム会員の場合は2.0%まで上がるが、その代わり年会費は4,900円必要だ。

こうして比較すると“完全に無料で2.0%還元”というスペックは、かなり優秀であることが分かる。

JCBはAmazonとコラボでポイントアップキャンペーン等をすることもあるので、Amazonに登録しておく価値は非常に高い。

JCBカードWの注意点

JCBカードWは39歳までしか作ることができない。
(※ただしカード自体は40歳を超えた後でも、同じ条件で使い続けることができる。)

なぜ39歳以下に限定されているかというと、そもそもは若年層のユーザー獲得の為にリリースされたモデルだからだ。

ここまで読んでいる人に40歳以上の方は恐らくいないだろうが、39歳以下の人でも、40歳を越えてから作ろうと思ったときには手遅れなので、その点は注意が必要だ。

まとめ:スタバユーザーは非常に持つ価値が高いカード

筆者からすれば特に39歳以下のスタバユーザーは、全員作ってもおかしくないぐらい優秀なカードである。

JCBカードWとスタバのポイント制度を活用すれば、年間8,000円以上の還元が狙えるのだから、これを使わないのは非常にもったいない。

“スタバとAmazonの専用カード”にするのがおすすめ

おすすめはスタバとAmazonの専用カードにすること。
スタバとAmazonの還元率は間違いなく高いので、スタバリワードを併せて年間8,000円~10,000円の節約は堅い。

既に別のクレカを持っている人でも、年会費無料なので作っておいて損することはないはず。作れるうちに作ってみてはいかがだろうか。

12/7まで、Amazonで最大10,000円のキャッシュバック

現在、Amazonでの買い物をJCBカードWで支払うと、最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中だ。 こちらは2021年12月7日までに入会した人が対象。
最長で2022年2月15日までの買い物が、キャッシュバックの対象になる。

ポイントではなく現金が戻ってくるキャンペーンは滅多に実施されないので、今作成を検討している人は非常に良い機会だ。

>>JCBカードWのキャンペーンサイトはこちら