スターバックスに月4回以上行く人は必見。 39歳までしか作れない分、スペックが凄いカードが誕生

✎2021年11月01日

なぜ、今まで知らなかったのだろうか…後悔している。
仕事でちょくちょくスタバを利用している筆者だが、最近ある事を知ってしまった。

実は日本には、スターバックスに特化したカードが誕生していたのだ。

それがこの『JCBカードW』である。 一見スタバとは何ら関係もなさそうな雰囲気だが、このカードはやばい…。
実はスターバックスクレカ史上最高の還元率を誇っている。

これだけでも十分凄いが、Amazonでも無料カードの中で最高値の還元率なのだ。

ただし先にお伝えしておくと、こちらは39歳までしか作れない年齢限定のカードである。
40歳以上の人は残念ながらもう作成できないので、ここでページをそっと閉じてほしい。

スターバックスでの還元率は、驚異の5.5%

スターバックスでは、全クレジットカードの中で最高値の5.5%だ。下の表の通り、他のカードと比較しても断トツ1位の還元率である。

■スターバックスで還元率の高いクレジットカード比較
◀左右にスクロール可能▶
JCBカードW dカード ANAカード au Payカード 三井住友カード(NL)
スターバックス 還元率 5.5% 4.0% 3.0% 2.5% 1.0%
年会費 無料 無料 初年度無料
2年目以降 2200円
無料 無料

クレカで一般的に良いとされるのが2.0~3.0%程度なので、dカードの4.0%でもかなり良い。つまりJCBカードWの5.5%は、他でも滅多にお目にかかれないぐらい良い数字だ。

しかも還元率が高い場合「0が付く日は」など条件があるものだが、このカードには日程的な条件はない。更に利用期限もない。

年会費無料で、無期限で常時5.5%ということになるが、これはクレカ全体を見渡しても非常に条件が良い。本当に凄いことだ。

スタバでの還元率を15%まで引き上げる方法

更に「スターバックスリワード」を活用することでスタバでの還元率をなんと最大15%まで上げることができる。

スターバックスリワードとは、スタバ独自のポイント制度のこと。
この還元率が最大9.5%なので、支払いをJCBカードWにすることでポイントを二重取りできるのだ。

キャンペーンでもないのにここまで高還元にできるのは本当に素晴らしい。

この方法で支払えば、例えばスタバで月5000円使う人は年間で最大9000円の還元になる。スタバユーザーなら絶対に活用すべきだ。

15%の条件は、スタバカードにオンラインチャージして支払うこと

最大15%の還元にする条件は、JCBカードWからスターバックスカードにオンラインチャージしてから支払うことだ。

スターバックスカードとは、スタバ専用のプリペイドカードである。こちらは店頭かスタバのアプリから無料で発行が可能。
アプリで作成する場合はデジタルスターバックスカードが発行されるので、カード本体は必要ない。

あとはJCBカードWからスタバカードにチャージして支払うだけだ。オンラインチャージはアプリから操作でき、一度登録すればその後は5秒程度でチャージできるようになる。

このアプリにスター(スタバのポイント)が貯まっていく。 支払い方法としても楽になる上、ポイントが二重に貯まって最大15%受け取れるようになるので、必ずすべき設定だ。

スタバリワードで9.5%還元にする方法

スターバックスリワードで最大の9.5%にするには下準備が要る。それは、1年以内に250個(13500円)分のスターを集め、Gold Star会員になることだ。

1年以内にスター250個分は、スタバを月1200円ペース(月1~3回来店)で利用する人なら普通に達成することができる。
先ほど紹介した方法で支払っていけばスターは自動的に貯まっていくので、他の手続きは必要ない。

Gold Star会員になってしまえば150個(8100円)分のスターを集める毎に770円分の商品チケットをゲットできる。これで還元率は9.5%だ。

Amazonでは無料カード最高値の2.0%

何気にアマゾンでのスペックも凄い。年会費無料カードの中で最高値の2.0%還元だ。

スタバと比べると低く感じるかもしれないが、実はアマゾン本家カードのAmazonクラシックでさえ、通常の還元率は1.5%である。
プライム会員の場合、Amazonクラシックの還元率は2.0%になるが、別途年会費が4,900円必要だ。

また、Amazonゴールドカードは2.5%還元なのでさすがに敵わないが、こちらは年会費が11,000円かかってくる。

こうして比較すると「無料カードで2.0%還元」という条件は、かなり優秀であることが分かる。

年会費を踏まえれば、アマゾンで月の利用額が5万円以下で、非プライム会員なら断然JCBカードWがおすすめだ。

JCBカードWの基本還元率はオリジナルシリーズの中で最高値

JCBカードWの基本還元率は、JCBオリジナルシリーズ中で最高値の1.0%だ。

クレカ全体で見てもこの数字は高い方で、「楽天カード」や「dカード」と同等の還元率である。つまり普段の買い物からポイントが貯まりやすいということだ。

JCBカードWが登場する前は「JCB一般カード」がほぼ同じランクだったのだが、両者を比較すると大きく変化した点がある。

今までのJCBカードと比較

JCBカードW JCB一般カード
年会費 無料 1375円
基本還元率 1.0% 0.5%
年齢制限 39歳以下限定 なし
海外旅行保険
国内旅行保険 ×
ETCカード ○(無料) ○(無料)


そう、なぜか基本還元率は2倍なのに、年会費は無料になっている。
その代わりJCBカードWは国内旅行保険が付いていない。正直頻繁に使う気はしないが…(少なくとも筆者は利用したことが無い)

ただ還元率、年会費という大事な部分を改善した点を踏まえると、JCBがこのカードにかなり力を入れていることがよく分かる。

JCBカードWの残念な点

スタバとAmazonに対して優秀なJCBカードWだが、その他の点では割と一般的なカードである。

セブンイレブンでの還元率は2.0%、他にも海外旅行保険が無料で付帯している等「そこそこデキる」カードではあるが、同等レベルのものは別でも存在する。

そして何より、このカードは39歳までしか作ることができない。
(※ただしカード自体は40歳を超えた後でも、同じ条件で使い続けることができる。)

なぜ39歳以下に限定されているかというと、そもそもJCBカードWは若年層のユーザー獲得の為にリリースされたモデルだからだ。基本還元率が高いのも年齢を限定しているからこそできたことだろう。

ここまで読んでいる人に40歳以上の方は恐らくいないだろうが、39歳以下の人でも、40歳を越えてから作ろうと思ったときには手遅れなので、その点は注意が必要だ。

まとめ:スタバとAmazonユーザーは持つべき優秀カード

仕事上あらゆるクレカを調べている筆者からすれば、JCBカードWは特に39歳以下のスタバユーザーは絶対に持って損はない優秀なカードである。

スタバリワードとポイントを二重取りすれば、会費が無料にも関わらず実質15%OFFでスタバの商品が買えるのだから、こんな素晴らしいことは無い。

JCBカードWのおすすめの使い方は、やはりスタバとAmazonの専用カードにすることだ。
スタバはもちろんAmazonでの還元率も高いので、この2つをよく利用する人なら年間5,000円~10,000円の節約は堅い。

スタバで利用する際にはスタバリワードの登録も必ずして、最大15%の還元を受けられるよう準備しておこう。
また、AmazonではたまにJCBカードとのコラボキャンペーンを実施している。こんなお得なイベントはどんどん活用していきたい。

>>JCBカードWのキャンペーンサイトはこちら

【12/7まで】Amazonで最大10,000円のキャッシュバック

現在、Amazonでの買い物をJCBカードWで支払うと、最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中だ。 こちらは2021年12月7日までに入会した人が対象。
最長で2022年2月15日までの買い物が、キャッシュバックの対象になる。

ポイントではなく現金が戻ってくるキャンペーンは滅多に実施されないので、今作成を検討している人は非常に良い機会だ。

>>JCBカードWのキャンペーンサイトはこちら