39歳までしか作れないぶん、すごいクレジットカードが誕生!
あなたもJCBカードWを作るべきである7つの理由

※もしあなたが40歳以上ならこの先は読まずに帰ってしまって下さい。



2017年の末に、JCBから新たなクレジットカードが発表されました。

あまり宣伝もされていないので認知度は低いんですが、実はクレジットカード業界の常識を覆すほどの高スペックを備えています。

僕はクレジットカードについてはかなり調べていますが、年会費無料カードの中では3本の指に入ると思っています。

カードの名前は『JCBカードW』です。

すべての人がお得になるとは限りませんが、うまくハマれば今より年間5,000~10,000円くらいの節約になる可能性があります。

ただし、JCBカードWを作るには1つ条件があります
それは『39歳以下である』ということです。
※39歳までに作っておけば、40歳以降も無料のまま持ち続けることが出来ます。

僕は34歳なので作れなくなるまであと5年猶予がありましたが、今のうちに作っておくことにしました。

↑ 申し込みから1週間くらいで届きました。

JCBカードWを作るべき7つの理由

理由①:唯一の年会費無料のJCBプロパーカード
年会費は永年無料。
さらに、カードブランド自体が発行しているプロパーカードだから、ただの年会費無料カードとはひと味違う。
所持するのにコストはかからないので、作っておいても損にはならない。
理由②:基本還元率が1%
年会費無料カードでは最高水準の基本還元率1.0%。
人気の『楽天カード』『dカード』『オリコカード』等と同じ水準。

ガス代や電気代や家賃でも、JCBカードWで支払えばなんでも1%還元されるので、メインカードとして使っていける。
理由③:Amazonでの利用は還元率2%にUP
年会費無料カードの中では最高の値。
Amazonクラシックカードでも1.5%なので、それすらも上回る水準。
月に15,000円Amazonに使うなら、年間で3,600円分還元されることに。

ちなみにAmazonで月に4万円以上使うようなら、還元率2.5%になるAmazonゴールドカードの方がおすすめ(年会費11000円)。
理由④:セブンイレブンでも還元率2%
これも年会費無料カードの中では最高の値。
セブンイレブンで毎月7000円使うなら、年間で1,680円分還元されることに。

ちなみにnanacoカードにクイックペイでJCBカードWを紐付けると、2.5%の還元率に。
理由⑤:スターバックスで還元率5.5%
全クレジットカード中、最高の還元率
スターバックスラテのグランデ¥420→¥397になるような計算。
週2回もスタバに行くようなら、十分作る価値はある。
※スターバックスカードにチャージ時
理由⑥:海外旅行保険はじめ、海外旅行時のメリットが充実
年会費無料カードで旅行保険が付いている物は希少。
自宅から空港までの交通費をカードで支払うだけでも旅行全体に保険が適用されるようになるので、楽天カードよりも優秀。
補償額は最高2000万円。

さらに、海外に設置されたJCBカード所持者限定で利用できるサポート施設『JCBプラザ』『JCBプラザラウンジ』が利用可能に。
理由⑦:カード所持者の満足度が高い
価格.comの『年会費無料カード人気ランキング』を見ても、人気こそ楽天カードが1位であるものの、満足度は上位8種のカードのなかでJCBカードWがトップ。

出典:価格.com

おまけ:ディズニーリゾート系の優待が豊富
JCBカード利用者限定で、パークの貸し切り利用イベントや公式ホテルの宿泊が当たる抽選に応募可能。
約6万円のホテルに無料で泊まれるかもしれないし、10万円の年間パスポートが当たるかも!

引用:東京ディズニーリゾート

その他にも使える特約店多数あり

他の年会費無料カード3種と比較

年会費無料カードの中で、有力なカード3種

・楽天カード
・dカード
・Yahoo!JAPANカード

とJCBカードWを比較してみます。

◀左右にスクロール可能▶
JCBカード W dカード 楽天カード Yahoo!JAPANカード
年会費 無料
基礎還元率 1.00%
主な特約店 Amazon:2.0%
セブンイレブン:2.0%
スターバックス:5.5%
ウェルシア:1.5%
ビックカメラ:1.5%
マツモトキヨシ:4.0%
メルカリ:2.5%
スターバックス:4.0%
ドトール:4.0%
楽天市場:3.0% Yahooショッピング:3.0%
LOHACO:3.0%
海外旅行保険
最大2000万円
×
最大2000万円
※ツアー代金支払時のみ適用
×
対応スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
Apple Pay Apple Pay
Google Pay
楽天ペイ
Apple Pay
ETCカード
無料

無料

550円
※ダイヤモンドorプラチナ会員は無料

550円
その他特徴 ・18~39歳限定
・プロパーカード
・海外旅行のサポート施設「JCBプラザ」が利用可能
・dカードでdocomoのケータイ機種本体を購入するとケータイ補償が付与 ・SPU利用で楽天市場が更にポイントアップ
・審査が緩い
Yahoo!ショッピングとLOHACO限定で
・Yahoo!プレミアム会員同時入会でポイント5倍
・5の付く日はTポイント5倍

基本還元率、年会費はどのカードも同じなので、基本的には優待店の内容でカードを選ぶことになります。

楽天ヘビーユーザーなら楽天カード、YahooショッピングやLOHACOのヘビーユーザーならYahoo!JAPANカードを選ぶと良いでしょう。

Amazon、セブンイレブンを良く使う人ならJCBカードWは有力カードです。
仮にAmazonに月に2万円、セブンイレブンに月に7000円使っているとすると、この2店だけで年間6480円分の還元になります。

さらに海外旅行保険やETCカード無料など、隙の無い万能タイプのカードです。

JCBカードWのマイナス要素

JCBカードWは高スペック実現のため、徹底した省力化を行っています。

まず、申し込みはWEBからしか行えません。
また、紙の明細書が発行できません。明細の確認はWEBまたはアプリからのみになります。

そしてJCBカードは、海外での利用可能範囲に弱点があります。
アジア圏ではそうでもないんですが、アメリカ、ヨーロッパ圏では使えないお店が多いです。
海外旅行時には、JCB以外の国際ブランドのカードも持って行くのがほぼ必須です。

そして最大の問題が『39歳までしか作れない』という点です。

普通のクレジットカードであれば『作りたくなった時に申し込む』ということでなにも問題はありません。
JCBカードWは、作りたくなったときに40歳を超えていたら手遅れになります。

なぜ39歳以下に限定されているのか?

カードのスペックを上げれば上げるほどカード会社側の利益は小さくなりますから、本来であればカード会社はカードのスペックは上げたくはないはずです。

それであってもJCBカードWを生み出さざるを得ない理由が、JCBにはありました。

JCBカードといえば『安心の国産ブランド』として、国内最多の発行枚数を誇っています。
しかし2005年頃から、楽天カードはじめ高還元率の提携カードが急速に発行枚数を伸ばしてきました。
それを受けJCBは新規ユーザー、特に若年層ユーザーの獲得に苦戦を強いられるようになりました。
JCBカードWはその状況を打破するために生み出されたのは明らかです。

とはいえ既存のJCBカードのユーザーの利益までは減らしたくはないでしょうから、『39歳以下限定』という条件をつけて、まだJCBカードを持っていない若年層ユーザーの獲得に特化させたのでしょう。(僕の個人的予想ですが)

今なら最初の3ヶ月間、基本還元率2.0% + 9000円分還元

現在、カードの新規申し込と合わせていくつかのキャンペーンがあります。

公式サイトには色々書いてありますが、実質使えるキャンペーンは

・3ヶ月間、還元率4倍(1.0%アップ)
・Appleペイ、Googleペイ利用で20%還元(最大5000円)
・家族カード申し込みで4000円分ギフトカード

くらいです。

その他はキャンペーン適用条件が、友達を紹介するとか、リボ払いにするとか、キャッシングをするとかなので現実的ではありません。

家族カードは奥さんや旦那さんに渡しておけば、その人もAmazonやセブンイレブンでの2.0%還元が受けられるようになりますし(請求は同一口座から)、実際には使わなくても問題ありません。

キャンペーンは12月31日までです。

【まとめ】20代30代の絶大な支持を得て、急速に発行枚数を伸ばしている高スペックカード

正直、39歳以下はひとまず全員申し込んでおいたほうがいいと思っているんですが、特に以下の条件に当てはまる人は作っておいて間違いないと思います。

・Amazon+セブンイレブンに月に10000円以上使う
・基本還元率1.0%のカードを持っていない
・海外旅行保険のついたカードを持っていない
・JCBブランドのカードを持っていない
・スタバにちょくちょく行く
・ウエルシアで結構買い物する
・35歳以上

もちろんベストのカードになるかどうかはその人の生活スタイルによりますが、年会費無料カードとしては最上位に入ってくるスペックです。

メインカードにしないとしても、優待店専用のサブカードとしての使い方もあります。
ちなみに僕は、ほぼAmazonとセブンイレブン専用のカードとして使っています。(メインカードは楽天カードです)

逆にAmazon、セブンイレブンをあまり使わないという人にはそこまでおすすめできません。
・・が!現時点ではそうでもないとしても、将来的にAmazonやセブンイレブンをよく使うようになる可能性もあります。
そのときに40歳を超えてしまっていたら悔しい思いをすることになってしまいます。

年会費はずっと無料ですから、作れるうちに作っておいて損することはありません。
あなたが後悔しないで済むことを願っています。
注意点

JCBカードWはプロパーカードなので審査は結構厳しいです。
ざっくり、3~4割くらいの人は審査落ちします。
過去にクレジットカードの延滞履歴があったりする人はかなりの確率で審査落ちするので、その点は覚悟しておいてください。

最後に、今までのJCBカードと比較

いままでJCBカードを持とうとするなら、『JCB一般カード』が主な選択肢でした。
そこでJCBカードWと一般カードを比べてみます。

JCBカードW JCB一般カード
年会費 無料 1375円
基礎還元率 1.0% 0.5%
年齢制限 39歳以下限定 なし
海外旅行保険
国内旅行保険 ×
ETCカード ○(無料) ○(無料)

国内旅行保険が付帯する点こそ一般カードが優れています。
しかし、『年会費無料』『ポイント還元率2倍』でJCBカードWが圧勝しています。

39歳以下限定とはいえ、こんな条件でJCBカードが持てるようになったのは革新的なことです。
「こんなカード作っちゃっていいの?」という感じですね。(一般カードを持っている40歳以上の人から、クレームが出たりしないのかと心配になるレベル)

もしJCBカードを作るのであれば、JCBカードW一択の状況になったといえます。

>>JCBカードWのキャンペーンサイトはこちら