【SBI証券でつみたてNISAしている人に朗報】
クレジットカードで積み立て投信が購入できるように!
積立額の1.0%分のポイントを貯めていくことが可能

~最終的に12万円分の差がつく可能性も~

📝2021年7月5日

三井住友カード×SBI証券の投信積立サービスが開始!
つみたてNISA等でもカード還元率分のポイントが貯まる

楽天証券では楽天カードで積み立て投信の購入が可能であり、カードの還元率分の1.0%のポイントが獲得できる。
楽天証券はこれを最大の強みとし、急速に口座数を増やしてきた。

この状況を、SBI証券も看過できなかったのだろう。
2021年6月30日、ついに三井住友カード×SBI証券での投信積立サービスが開始された。
『三井住友カード つみたて投資』だ。

SBI証券で積み立て投信を行う場合、その投信の購入に三井住友カードが利用できる。
これにより、積み立て投信の購入額に対しても0.5~1.0%のポイントが獲得出来るようになった。

1.0%といっても最終的には8~12万円ほどのポイントになりえるので、決して軽視はできない。

一般カードなら0.5%、ゴールドカードなら1.0%ポイント還元

三井住友カードが発行しているカードであれば、ほとんどのカードが「三井住友カード つみたて投資」に利用可能だ。

そのなかでも「三井住友カード つみたて投資」には
三井住友カード(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)
上記2種のいずれかのカードがお勧めだ。

■「三井住友カード つみたて投資」に使えるカード

◀左右にスクロール可能▶
カード名 年会費(税込) 基本還元率 クレカ積み立てでの還元率 コンビニ3社での還元率 特徴
三井住友カード 1,375円 0.5% 0.5% 最大2.5%(※2) ・今までの定番カード
三井住友カード(NL) 永年無料 0.5% 0.5% 最大5.0%(※2) ・ナンバーレス
・新定番カード
三井住友カードゴールド 11,000円 0.5% 1.0% 最大2.5%(※2)
三井住友カードゴールド(NL) 5,500円
年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料※1
0.5% 1.0% 最大5.0%(※2) ・ナンバーレス
・年間100万円の利用で翌年10,000ポイント付与(※1)
三井住友カード プラチナプリファード 33,000円 1.0% 2.0% 最大3.0%(※2) ・年間100万円の利用ごとに翌年10,000ポイント付与(最大4万ポイント)(※2)

※1 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードの公式サイトを確認してください。
※2 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない店舗あり。


年会費無料の中で選ぶのであれば、ほぼ三井住友カード(NL)一択だ。
ただ、ポイント付与率はつみたて投信購入額の0.5%で、やや物足りないところがある

プラチナ系カードであれば2.0%の付与率になり類を見ないものとなるが、年会費がかなり高額になるため本末転倒の結果にもなりかねない。

そこで有力候補になるのが三井住友カード ゴールド(NL)だ。
付与率は1.0%で年会費が5500円かかるものの、年間100万円の利用条件をクリアすると翌年以降の年会費が永年無料となる。

付与率0.5%では物足りず、とはいえカード年会費は払いたくない。そういった人には三井住友カード ゴールド(NL)はベストの選択肢になる可能性が高い。

ただし投資上限は月額5万円

際限なく、いくらでもクレカ積み立てできるかというとそうではない。
三井住友カードつみたて投資の上限額は、月額5万円までだ。

つみたてNISAを利用する場合、そもそも月額約33000円までしか積立できないので、この点は問題にならないだろう。

一般NISA等で月額5万円以上の積み立てをしている人であれば、上限分までのポイント付与を受けることができる。

最大で年間6000ポイント、つみたてNISAの範囲内でも年間約4000ポイントに

つみたてNISAの月額上限である約33000円分を三井住友カードゴールド(NL)で毎月積み立てた場合、毎月330円、年間では約4000円分のポイントが還元される。

つみたてNISAは最長20年が非課税となるので、その20年間をクレカ積立にしておけば約80,000円分のポイントが獲得できることになる。

積み立て投信を口座引き落としで行うか、クレカ支払いで行うか
これだけで最終的に8万円分の差がでるということである。

【期間限定】7月~12月の半年間だけ、クレカ積立の付与率が1.0%UP!

現在、SBI証券クレカ積み立てのスタートダッシュキャンペーンと称し、クレカ積み立ての付与率が1.0%アップしている。

7月~12月の各月の積立額に対し1.0%プラスされるので、7月から申し込めば最長の6か月間1.0%アップの恩恵を受けられる。

三井住友カード(NL)であれば1.5%、三井住友カードゴールド(NL)であれば2.0%のポイントが付与されることになるわけだ。

■クレカ積み立てのポイント付与率

通常時 スタートダッシュキャンペーン中
三井住友カード(NL) 0.5% 1.5%
三井住友カードゴールド(NL) 1.0% 2.0%


年間100万円以上の利用で、翌年度以降の年会費は永年無料に

三井住友カードゴールド(NL)の大きな特徴として、『1度でも年間100万円以上の利用をすると、翌年度以降の年会費は永年無料になる』というものがある。

もしクレジットカードの月の利用額が10万円を超えている人であれば、支払いを三井住友カードゴールド(NL)に集めることによって年間100万円の条件をクリアさせ、翌年度以降は永年無料でゴールドカードを持ち続けることができることになる。

家賃をクレジットカード支払いしている人であれば、それを三井住友カードゴールド(NL)支払いにするだけで年間100万円をクリアできる人も多いだろう。

★9/30までの申し込み分に限り、初年度の年会費も無料となっている

※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードの公式サイトを確認してください。
※三井住友カードつみたて投資の利用金額は、三井住友カード ゴールド(NL)の継続特典の付与条件である利用金額の集計対象となりません。

【期間限定】9月末までの申し込みで、最大13000円相当が獲得可能&初年度年会費も無料に

現在、利用額の15%分のポイントが付与されるキャンペーンが行われている。
上限は12000ポイントとなっているので、80000円使った時にもらえるポイントが最大値になる。

また、新規にカード発行した人ならVポイントギフトコード1,000円分がもらえる。合わせて13,000円相当となる。

この手のキャンペーンはしばしば行われるが、カードローンチと合わせた現在が最高額といって間違いない。

また、三井住友カードゴールド(NL)の初年度年会費が、現在申し込み分に限り無料となる。
どちらも対象となるのは、9月30日までの申し込み分までだ。

そもそもコンビニ3社で最大5%還元の優秀カード

SBI証券でのクレカ積立を抜きにしても、三井住友カード(NL)および三井住友カード ゴールド(NL)は優秀なクレジットカードだ。

今年2月にローンチされた三井住友カード(NL)は、年会費無料と主要コンビニ3社(※)とマクドナルドでのポイント最大5%付与を武器に、発表から僅か4か月で発行枚数60万枚に到達する勢いだ。
※セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート

5.0%ポイント還元が適用される条件は、タッチ決済で支払うだけ

引用:三井住友カード

5.0%還元が適用されるには1つだけ条件がある。

それは『Visaのタッチ決済かMastercard®コンタクトレスで支払う』。ただこれだけである。

クレジットのタッチ決済とは?

通常のクレジット決済では、店員にカードを手渡すか自分でカードリーダーにカードを差し込むと思う。
タッチ決済の場合、レジ前のタッチ決済用機器の前にカードを数秒間当てて決済する。
駅の改札にICカードをタッチする要領だ。

通常の決済の2分の1程度の時間で済むうえ、昨今の社会情勢を考えると非接触で済むのもメリットだろう。
ちなみにタッチ決済をしない場合は2.5%の還元率となる。(これでも充分に高い数値ではある)

※1 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
※2 一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗あり。

コンビニを週3回程度使う人なら、年間5000円程度の節約にも

仮にセブン-イレブンやローソンに週に1800円使っているとしよう。
そうすると年間に約93600円使っていることになる。

これが5%還元された場合、年間¥4680分の還元となる。

コンビニをある程度の頻度使う人にとっては、この性能だけでも充分持つ価値があるカードである。

ゴールドカード特有の特典が付帯

今回登場した三井住友カードゴールド(NL)は、コンビニ3社での最大5%ポイント付与等は同様でありながら、ゴールドカードらしいスペックが加わっている。

●ゴールドカード特有の特典

年間100万円利用すると1万ポイント付与

三井住友カードゴールド(NL)の特徴として、年間100万円以上使うと翌年に10000ポイントが付与される仕組みがある。

100万円利用=1万ポイントということは1%の還元率である。
これにカードの基本付与率の0.5%が加われば、合計1.5%の付与率ということになる


ただし、200万円、300万円使ったとしても付与されるポイントは1万ポイントまでなので、三井住友カードゴールド(NL)を最も有効に使える利用額は年間100~110万程度といえるかもしれない。

※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カード公式サイトを確認してください。

ポイントの利用用途は『キャッシュバック』がおすすめ

三井住友カードで貯まるポイントは色々な使い方があるが、まず間違いの無い使い方が『キャッシュバック』だ。

キャッシュバックといっても直接現金がもらえる訳では無く、毎月のカード請求額からポイント分が相殺されるものになる。

交換レートは1P=1円となり、最高レートだ。
普段の必要な買い物で使った分から打ち消す形で使えるのは、最も無駄の無い使い方と言える。

100万円利用特典に関する注意点

三井住友カード ゴールド(NL)は年間100万円利用を達成した場合に
・翌年以降の年会費の永年無料
・翌年に10000円相当ポイントの付与
が特典としてついてくるのは前述したとおりだ。

この100万円に「三井住友カードつみたて投資」の利用金額は含めることができない。
「三井住友カードつみたて投資」以外の利用額で100万円利用を達成する必要があるので注意してほしい。

三井住友カード(NL)と三井住友カード ゴールド(NL)、どちらを選ぶべき?

年間利用額100万円を達成することが可能なら、三井住友カード ゴールド(NL)を選ぶのが良いだろう。
年会費が無料になってしまえば、三井住友カード ゴールド(NL)は三井住友カード(NL)の完全上位互換になるからだ。

この条件をクリアできない人は三井住友カード(NL)にしておいた方が良いだろう。
毎年5500円の固定支出が出続けるのはなかなか痛いところがある。

つみたてNISAで上限の年間40万円ちかく積み立てし、且つ今後10年以上継続する予定があるのなら、初年度だけ頑張って100万円利用を達成して三井住友カード ゴールド(NL)を選択するだけの価値は充分にある。

■三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード(NL)の選択基準

これからSBI証券で積み立て投信をするなら、早めの切り替えが得策

同じ積立投信をしても、それを現金支払にするかクレジットカード払いにするかだけで将来的に数万円のポイントの差となる。
既にSBI証券口座で積み立て投信を行っている人は、早めに切り替えてしまうのがおすすめだ。

少なくとも年会費が無料の三井住友カード(NL)であれば、切り替えない道理は無いのではないだろうか。
三井住友カード ゴールド(NL)を発行するかは一考すべきところではあるが、それぞれの環境に応じて選択してほしい。

こんな人にはオススメできない

・つみたて投資を行っていない
・コンビニに月に2000円以下しか使わない
・クレジットカードを複数持ちたくない、使い分けるのが面倒

+三井住友カードゴールド(NL)が適さないケース
・年間100万円利用することができない
・空港を年1回以下しか使わない
・旅行に年1回程度しか行かない

つみたてNISAとの相性が極めて良い

月に何十万円も積み立てしている人にとっては上限5万円は大きな制約だ。
逆に、月に数千円しか積み立てしていない人にとっても貯まるポイントは微々たるものになる。

上限5万円という制限を考えると、つみたてNISAの上限である毎月3万円前後を積み立てている人に、最も恩恵が大きいサービスといえるだろう。

SBI証券での積み立て投信&コンビニ3社での専用カードとしての価値

筆者個人の見解としては、SBI証券での積立投信+コンビニ3社の専用カードとしての利用をオススメする。

三井住友カードゴールド(NL)に関しては、100万円利用時の1万ポイント付与を含めると実質1.5%の還元率となるので、その金額帯までは普段使いとしても申し分ない性能となる。

ただし年の利用額が99万円で終わってしまったりすると悲しいことになるので、確実に100万円を超えられる算段を立てたうえで使っていくのが良いだろう。

■三井住友カード ゴールド(NL) キャンペーンサイトへ
■三井住友カード(NL) キャンペーンサイトへ